出会いのチャンスを広げるも狭めるも本人次第

出会いがなかなかというのは、
今の時代確かに共通した悩みかも知れません。

でも、特にそういうことを言う人を見てみると、
そんなに出会いを求めてないということを感じるのです。

つまり異性に真剣に出会いたいと、
思っていないということです。
ここで恋愛が好きな人は、出会いがないという前に、
回りでもどうにかして出会いを作ってしまっているようです。

真剣に恋愛が好きだからです。
それらの人は、どんな相手でも、
オーケーというわけではありません。

でも、相手のいいとを見つめて、
好きになるということをしているようです。
つまり、出会いがない人っていうのは、
相手のいいところを探すという作業より、
自分の理想に近い人を探しているだけなのです。

もちろん理想が高ければ、相手の良いところより、
理想と違ったところばかりが、
目につくということもありますよね。

理想に近い人がもっといるはずだと、
いうふうに思うことの方が強いようです。
もっと出会いがあるはずということで、
出会いがないに通じるのでしょう。

つまり出会いの場を縮めているのは自分の理想の高さ、
理想を下げられない自分にあるということを感じるのです。

恋愛大好きな人はいつも恋愛しています。
これはどういうことなのでしょう。
そういう人は出会いが多いのではなく、
出会いとなる相手の範囲が、
広いということなのではないでしょうか。