法律改正での未成年者との関係

出会い系サイトでの法律改正で、
いろいろな細かい取り決めの改正が行われましたが、
やはり、未成年問題がとても大きいようです。

もちろん、未成年者との間でなくても、売春行為が行われることも、
禁止されているわけです。
つまり、セックスをすることで片方が片方に金品を
要求し、与えるという行為は売春ということになります。

それにプラスして未成年者とのことで、
そのようなことがあった場合はもっと、罪が重なるということに、
なっていきます。

まず、サイト側も未成年者を登録させてはいけないという、
法律ができました。
しかし、これはサイト側が「未成年者禁止」といことを
規約に書いておくことで逃れられ、現実にはユーザーの申告に
任されるわけですから、サイト側はきちんと明記することまでで、
責任は逃れられるのです。

そこで、では知らないふりして、会ってしまえばいいのでしょうか。
そして、会っても女性が19歳と言っていれば現実が17歳でもいいのか。
それは、もし見つかった場合は男性が知っていようと、
知らなかったとしてもどちらも捕まってしまいます。

もちろん、警察も未成年にマークしている場合があるので、
張り込まれることはしばしばあります。
そんなことも知らず女性とホテルに入った瞬間ご用になるわけです。

そこでもう一つ、未成年とお酒の出るお店に行っても、
正確にはご用になります。
もちろんそれだけだったら、ご用になるなんて野暮は、
警察もあまりしません。
でも、出会い系からの張り込みとなると、
やはりそこまで実施されますので、
本当に知らないでは済まないという事を自覚しておきましょう。